ニキビケア

ビーグレンのニキビケアの口コミ

ビーグレンのニキビケアには、思春期のニキビケアよりも愛情といたわりが必要です。思春期には誰もがニキビに悩むものですが、大人になってもニキビができることがあります。

俗に大人ニキビと言われているものです。顔はもちろん背中にもできて、跡も残りやすくシミの原因にもなります。そんなニキビはビーグレンのニキビケアで撃退したいものですね。

ニキビケアを考えるためには、ニキビがなぜできるのかを考える必要があります。ニキビの原因になっているのは、ストレスやホルモンバランスの乱れなどです。

さらに紫外線や乾燥・化粧品による刺激や、便秘や冷え性なども原因です。皮脂が毛穴に詰まるといった、単純な原因だけではなかったのです。

ですから洗顔だけをいくら必死に行っても、思わしい効果が出にくかったのですね。まずはストレスを軽減し、ホルモンバランスを整えるように食事や睡眠などの生活習慣を見直してみましょう。

また紫外線対策も行い、化粧品も本当に肌に合っているか見直します。洗顔は最も重要ですが、実は落とせば良いというものではないのです。

皮脂を落とそうとするあまり、強いクレンジングで2度洗い・3度洗いをしていませんか。また熱いお湯でジャブジャブと何度もすすいでいませんか。

洗いすぎは必要な皮脂まで流してしまい、乾燥を進めてしまいます。クレンジングはしっかり1回にして、すすぎは水かぬるま湯で行いましょう。

また保湿・保水も大切です。これらがビーグレンのニキビケアの基本です。ターンオーバーという言葉を聞いたことはありませんか。肌は大変薄い層が何重にも重なり合ってできています。

この層は底ほど新しく、表面ほど古くなっています。一番外側の角質になるとはがれおちていき、誕生から終焉までほぼ1ヶ月間といわれています。

この肌の生まれ変わりのリズムをターンオーバーと呼んでいます。ターンオーバーのリズムが崩れると、肌にトラブルが発生する原因になります。

もちろんニキビもできやすい環境になってしまいます。ターンオーバーを正常化することも、ビーグレンのニキビケアなのです。さらに肌は皮脂や脂肪の層が重なり合って水分を閉じ込めています。

奥の奥まで水分が行き渡ると、弾力がある底から持ちあがってくるハリのある肌になります。しかし表面の水分だけを気にしていると、奥の保水力低下に気付かない事があります。

奥まで水分が行き渡っていないと、ビーグレンのニキビケアをしても奥まで浸透していきません。今はニキビケアに特化したビーグレン商品もたくさんあります。

人気が高いプロアクティブやビーグレンなど、メディアでもよく目にするものもありますね。自分の肌に合ったものに出会い、丁寧にケアを続けていけばターンオーバーを正常化して肌の奥まで保水力を高めてくれます。

ニキビケアは専門のケア化粧品を使って、奥から透き通る肌を取り戻しましょう。

Recommend!

ビーグレン情報